• 本

日本近現代史を読む

増補改訂版

出版社名 新日本出版社
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-406-06352-4
4-406-06352-8
税込価格 2,200円
頁数・縦 244P 26cm
シリーズ名 日本近現代史を読む

商品内容

要旨

通史から国の未来を探る。初版以来10年間の激動を加筆!

目次

第1部 近代国家の成立(近代までの流れ
開国―社会変動の序幕
明治維新―改革と近代化 ほか)
第2部 2つの世界大戦と日本(第1次世界大戦とロシア革命の影響
ワシントン体制と大正デモクラシー
世界恐慌と軍縮破綻への道 ほか)
第3部 第2次世界大戦後の日本と世界(戦後改革から占領政策の転換へ
サンフランシスコ講和会議と日本の戦後処理
日米安保体制と高度成長 ほか)

おすすめコメント

震災、安倍政権、安保法制、改憲問題、トランプ政権発足……旧版が15刷まで版を重ねた間、内外情勢は激動。それらを補い、日米同盟、構造改革、沖縄問題、戦後の天皇制、社会運動などの論点を現在地から見て深め直し、以前の時期の叙述もさらに充実させました。過去と現在を見つめることで個人の生き方も考えさせる通史!

著者紹介

宮地 正人 (ミヤチ マサト)  
1944年、福岡県生まれ。東京大学史料編纂所教授、同所長などを経て2001〜05年、国立歴史民俗博物館長
大日方 純夫 (オビナタ スミオ)  
1950年、長野県生まれ。早稲田大学教授
山田 朗 (ヤマダ アキラ)  
1956年、大阪府生まれ。明治大学教授
山田 敬男 (ヤマダ タカオ)  
1945年、神奈川県生まれ。労働者教育協会会長。歴史科学協議会会員
吉田 裕 (ヨシダ ユタカ)  
1954年、埼玉県生まれ。一橋大学大学院特任教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)