• 本

日本のマクロ経済政策 未熟な民主政治の帰結

岩波新書 新赤版 1780

出版社名 岩波書店
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-00-431780-7
4-00-431780-0
税込価格 924円
頁数・縦 242P 18cm

商品内容

要旨

国民だましのような現在の日本のマクロ経済政策は、見かけの小康状態とは裏腹に、為替、金融、財政政策の歪みを蓄え、いまや、末期症状を呈している。蔓延する情報の隠蔽や歪曲、政治家や官僚の無責任な機会主義を脱し、日本はまともな国に生まれ変わることができるのか。

目次

序章 漂流する日本のマクロ経済政策
第1章 通貨政策1―日本はなぜ為替介入から卒業できないのか
第2章 通貨政策2―投資ファンド化が進む外国為替資金特別会計
第3章 金融政策―デフレ対策という名の財政ファイナンス
第4章 財政政策―「経済成長なくして財政再建なし」?
第5章 マクロ経済政策と民主主義―日本が生まれ変わることは可能か

おすすめコメント

日本の為替、金融、財政のマクロ経済政策を俯瞰し、独自のデータ分析でその問題点を徹底的に解明する。

著者紹介

熊倉 正修 (クマクラ マサナガ)  
1967年生まれ。東京大学文学部卒、ケンブリッジ大学政治経済学部博士課程修了。アジア経済研究所、大阪市立大学大学院経済学研究科等を経て、明治学院大学国際学部教授。専攻―国際経済学、統計経済論、日本経済論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)