• 本

ことば事始め

出版社名 亜紀書房
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-7505-1556-4
4-7505-1556-6
税込価格 1,728円
頁数・縦 227P 19cm

商品内容

要旨

なじみのことばをもう一度たずねて。「虫がいい」「とちる」「ピンはね」「忖度」。よく知るようで実は遠いその意味を、辞書から記憶から、手繰り寄せ、味わい直してみる。ことばの確かな手応えが残る教養エッセイ。

目次

ことばの発見1―ことば遊び(うるさい
せせる、しゃぶる ほか)
ことばの発見2―つくることば(ちょい役
三角乗り ほか)
ことばの発見3―手書きことば(やにさがる
いなせ、あだ ほか)
ことばの発見4―老語の行方(ボケと認知
シラミとノミ ほか)

おすすめコメント

何気なく使っている言葉がぐっと身近になるエッセイ集 「忖度」「おためごかし」「ピンはね」「やにさがる」など、考えてみると実はよくわからない言葉たち。 言葉にまつわるさまざまなエピソードなどを織り交ぜつつ、辞書的な意味や言葉のいわれを説明します。 言葉がぐっと身近になる、読んで楽しい発見と学びの本。

著者紹介

池内 紀 (イケウチ オサム)  
1940年、兵庫県姫路市生まれ。ドイツ文学者・エッセイスト。主な著書に、『ゲーテさんこんばんは』(桑原武夫学芸賞)、『海山のあいだ』(講談社エッセイ賞)、『恩地孝四郎―つの伝記』(読売文学賞)など。訳書に、『カフカ小説全集』(全6巻、日本翻訳文化賞)、『ファウスト』(毎日出版文化賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)