• 本

観察する指揮官 「辻流」選手との接し方

出版社名 ベースボール・マガジン社
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-583-11213-8
4-583-11213-0
税込価格 1,760円
頁数・縦 159P 19cm

商品内容

目次

第1章 自主性をうながす(1984〜1995/西武の選手時代)(18年最終戦セレモニーでの涙の理由
ソフトバンクとの激戦を制してのリーグ優勝 ほか)
第2章 競わせることで強くする(1996〜2004/ヤクルトの選手・二軍コーチ、横浜の一軍・二軍コーチ時代)(何かを決断する時には最初に声をかけてくれた人のもとへ
その一言、一言が選手をやる気にさせる―野村監督の教え ほか)
第3章 相手の目線まで下がる(2007〜2011、2014〜2016/中日の二軍監督・一軍コーチ時代)(気が遠くなるほど重大でやりがいのある二軍監督の仕事
選手は旬の時期に起用すべし ほか)
第4章 環境を整える(2017〜2019/西武の監督、そして19年シーズンへ)(若手のやる気に期待し与えられた戦力で戦う
チームにとって大きな存在 おまえの存在を忘れてないぞ―岡田雅利 ほか)

著者紹介

辻 発彦 (ツジ ハツヒコ)  
1958年10月24日生まれ。佐賀県出身。内野手、右投げ右打ち。佐賀東高校卒業後、日本通運を経て1984年ドラフト2位で西武ライオンズに入団。96年ヤクルトスワローズに移籍し、99年現役を引退。86、88〜94年二塁手として歴代最多となる8度のゴールデングラブ賞受賞、93年首位打者。2000年ヤクルト二軍守備・走塁コーチに就任。02年横浜ベイスターズ一軍守備・走塁コーチに就任し、04年からは二軍打撃コーチに。05年から野球解説者、野球評論家として活躍。06年ワールドベースボールクラシック(WBC)の日本代表内野守備・走塁コーチを務める。07年中日ドラゴンズ二軍監督となり、就任1年目でウエスタンリーグ優勝と日本一を果たす。10年一軍総合コーチに異動。12年からは再び野球解説者を務めるが、14年中日の一軍内野守備・走塁コーチに復帰。15年一軍野手総合コーチ、16年二軍野手総合兼内野守備コーチ、シーズンの途中から一軍作戦兼守備コーチに異動。17年埼玉西武ライオンズの一軍監督に就任し、初年度はリーグ2位でチーム4年ぶりのAクラス入りを果たす。18年は開幕から首位の座を守り続けたまま、球団として10年ぶりのリーグ優勝に導いた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)