• 本

まことの華姫

角川文庫 は37−4

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-04-108206-5
4-04-108206-4
税込価格 691円
頁数・縦 302P 15cm

商品内容

要旨

江戸は両国の見世物小屋では、“まことの華姫”が真実を語る―ともっぱらの噂。心の中にやむにやまれぬ思いを抱えた人々が、今日も真実を求めてお華の語りに耳をすます。外見と愛想は滅法良いが口の悪い姫様人形・お華と、その相方で話芸を繰り広げるヘタレの人形遣い芸人・月草。凸凹コンビの洒脱な人形語りで江戸の事件を快刀乱麻!市井に生きる人々の悲喜こもごもを描き出す新たな畠中ワールド、開幕!

おすすめコメント

人形遣い月草と姫様人形お華の迷コンビが江戸の事件を快刀乱麻!江戸両国の見世物小屋では、人形遣いの月草が操る姫様人形、お華が評判に。“まことの華姫”は真実を語るともっぱらの噂なのだ。快刀乱麻のたくみな謎解きで、江戸市井の悲喜こもごもを描き出す傑作!

著者紹介

畠中 恵 (ハタケナカ メグミ)  
高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学卒。2001年『しゃばけ』で第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、小説家デビュー。「しゃばけ」シリーズは、新しい妖怪時代小説として読者の支持を受け、一大人気シリーズに。16年、同シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)