• 本

忌印恐怖譚 みみざんげ

竹書房文庫 HO−387

出版社名 竹書房
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-8019-1879-5
4-8019-1879-4
税込価格 702円
頁数・縦 223P 15cm

商品内容

要旨

幻惑の名手・我妻俊樹が描く、日常のすぐ横に口を開けた常世の深淵―。記憶の底にある家を探していると、祖母に異変が起きる「ヒロエおばさん」、バス停で出逢った身の毛もよだつ異形とは…「待合室」、バスで寝ていたら知らぬ間に異界に迷い込んでいた「深夜バス」、40歳を境に突然、命を脅かす怪異に見舞われ始める「ガタガタ」など、48篇の実話恐怖譚を収録。黄泉からの声があなたにも聞こえる―。

目次

カットバン
パーティー
ランドセル
ヒロエおばさん
血まみれ入道
坂の空き地
姿見
子連れ
若い男
心霊コース〔ほか〕

著者紹介

我妻 俊樹 (アガツマ トシキ)  
『実話怪談覚書 忌之刻』で単著デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)