• 本

B級キャスター

出版社名 小学館
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-09-388688-8
4-09-388688-1
税込価格 1,540円
頁数・縦 221P 19cm

商品内容

要旨

財務官僚から、自身も「まさか!」のニュースキャスターへ転身。「日本をよくしたい」という思いで素人キャスターは突き進んだ。スタッフや共演者という同志を得て、東日本大震災や政治家の取材等に熱く取り組んでいったが―。『NEWS ZERO』12年間の舞台裏を赤裸々に振り返る!

目次

第1章 ゼロからの出発
第2章 網走一家に入る(生い立ち1)
第3章 デーモン村尾と呼ばれて(生い立ち2)
第4章 NEWS ZEROの基本線
第5章 共演者たち
第6章 東日本大震災とリーマンショック
第7章 契約終了

おすすめコメント

今、明かす『NEWS ZERO』の舞台裏   今を去ること12年前。著者は、嫌われ者の財務省出身の元・官僚で、しかも県知事選の落選者だった。そんな著者にまさかの、キャスター就任の依頼が!?そこから始まった怒涛の日々。化粧やコンタクトレンズ装着、発声練習に、アクセントの矯正…。とまどいばかりの毎日が始まるも、持ち前の鈍感力と、「日本をよくする」という思いで、駆け抜けていく。『NEWS ZERO』のコンセプトは、「日本をよくする」。これは、番組開始前夜、番組の幹部と著者が何度も語り合って決めたもの。この目標のため、著者は硬いニュースを、わかりやすく伝えようと東奔西走する。著者だけではない。スタッフはもちろん、星野仙一氏や小林麻央氏、櫻井翔氏といった共演するキャスター陣も奮闘する。しかし、視聴率を重視せざるを得ないスタッフとの対立も目立ち始めて…。 「素人キャスター」だった著者だからこそ語れるNEWS番組の熱き舞台裏。「網走一家」」に属していた少年時代や、「悪代官」と呼ばれた官僚時代の知られざる事実も紹介!さらに、著者だけが知る、星野仙一氏や、櫻井翔氏、桐谷美玲氏らのエピソードも満載!

著者紹介

村尾 信尚 (ムラオ ノブタカ)  
1955年、岐阜県生まれ。一橋大学経済学部卒業後、大蔵省(現財務省)入省。95年、三重県に総務部長として出向し、県行政の改革に携わる。大蔵省主計局主計官、財務省理財局国債課長などを経て、2002年、環境省総合環境政策局総務課長。同年12月、退官し、03年4月、三重県知事選挙に出馬するも落選。同年10月より関西学院大学教授に就任(現任)。06年10月から18年9月まで、日本テレビ系列『NEWS ZERO』のメインキャスターを務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)