• 本

東大教授が考えるあたらしい教養

幻冬舎新書 ふ−18−1

出版社名 幻冬舎
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-344-98561-2
4-344-98561-3
税込価格 858円
頁数・縦 169P 18cm

商品内容

要旨

「教養=知識量」という考え方はもう通用しない。ネットで検索すればあらゆる情報が瞬時に手に入る今、知識量の重要性は相対的に低くなっているからだ。東大教授2人が提唱する教養とは「正解のない問いに対し、意見の異なる他者との議論を通して思考を柔軟にし“自分がよりよいと考える答え”にたどり着くこと」。その意味するところは何なのか?どうすればこの思考習慣が身につくのか?人工知能の発展が著しい現代だからこそ、人間にしかない能力を磨く必要がある。その要諦が詰まった一冊。

目次

序章 間違いだらけの日本の教養観(日本人の教養観を振り返る
なぜ「教養=知識量」という誤解が生まれたのか ほか)
第1章 「教養」の本質とは何か(「教養」はどのように生まれたのか
いかに自分の頭を耕すか ほか)
第2章 東大で教えている教養(東大ではリベラルアーツを学ぶ
自分で考え、アウトプットすることを重視 ほか)
第3章 教養がない人生は生き残れない(専門性だけが高い人材は生き残れない
異分野にどれだけ関心を持てるか ほか)
第4章 教養が身につく習慣(教養ある「情報の選び方」
「情報を選別しない」という選択もある ほか)

おすすめコメント

「教養=知識量」という考え方はもう通用しない。ネットで検索すればあらゆる情報が瞬時に手に入る今、知識量の重要性は相対的に低くなっているからだ。東大教授2人が提唱する教養とは「正解のない問いに対し、意見の異なる他者との議論を通して思考を柔軟にし、〈自分がよりよいと考える答え〉にたどり着くこと」。その意味するところは何なのか? どうすればこの思考習慣が身につくのか? 人工知能の発展が著しい現代だからこそ、人間にしかできない能力を磨く必要がある。その要諦が詰まった一冊。

著者紹介

藤垣 裕子 (フジガキ ユウコ)  
1962年、東京都生まれ。東京大学大学院総合文化研究科・教養学部教授。1985年、東京大学教養学部基礎科学科第二卒業。1990年、東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻博士課程修了。同年、東京大学教養学部助手。1996年、科学技術庁科学技術政策研究所主任研究官。2000年、東京大学大学院総合文化研究科広域システム科学系助教授。2010年、同教授。2013年、東京大学総長補佐。2015年〜2016年度東京大学大学院総合文化研究科副研究科長・教養学部副学部長。学術博士
柳川 範之 (ヤナガワ ノリユキ)  
1963年生まれ。東京大学大学院経済学研究科・経済学部教授。中学卒業後、父親の海外転勤にともないブラジルへ。ブラジルでは高校に行かずに独学生活を送る。大検を受け慶應義塾大学経済学部通信教育課程へ入学。大学時代はシンガポールで通信教育を受けながら独学生活を続ける。大学を卒業後、東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。経済学博士(東京大学)。『法と企業行動の経済分析』(第五十回日経・経済図書文化賞受賞、日本経済新聞社)など著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)