• 本

万葉のことばと四季 新装版

角川選書 621 万葉読本 3

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-04-703686-4
4-04-703686-2
税込価格 1,870円
頁数・縦 256P 19cm
シリーズ名 万葉のことばと四季

商品内容

要旨

大宝律令、壬申の乱、遣唐使による新文化の流入―国が新たな形へと変貌していく激動の時代、人びとの精神の発露として万葉集は生まれた。神秘性、多義性を持つ万葉歌の「ことば」への考察をふまえ、花、月など自然への畏敬心を浮き彫りにし、人びとの心のあり様を多角的にとらえようと試みる。緻密な学究的検証と、のびやかな文学的発想をもって紡がれる「中西万葉学」の跳躍。新装による万葉講義、第三弾。

目次

1(話者としての持統
月の遊び
万葉の花 ほか)
2(万葉の四季
飛鳥万葉の時代背景
万葉集と律令 ほか)
3(万葉歌人の系譜)

おすすめコメント

「令和の夜明け、いまこそ よみがえれ『万葉集』の人間力』 ――中西進神秘性、多義性を持つ万葉の「ことば」への考察をふまえ、花、月など自然への畏敬心を浮き彫りにし、万葉びとの心のあり様を多角的に捉える。「中西万葉学」のしなやかな展開、新装版による「万葉読本」第三弾。

著者紹介

中西 進 (ナカニシ ススム)  
1929年、東京生まれ。東京大学大学院博士課程修了。文学博士。高志の国文学館館長、国際日本文化研究センター名誉教授、大阪女子大学名誉教授、京都市立芸術大学名誉教授。1970年に日本学士院賞を受賞。2005年に瑞宝重光章、2013年に文化勲章を受章。著書は『万葉と海彼』(第3回和辻哲郎文化賞、角川書店)、『源氏物語と白楽天』(第24回大佛次郎賞、岩波書店)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)