• 本

鴎外・ドイツ青春日記

出版社名 未知谷
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-89642-579-6
4-89642-579-0
税込価格 2,750円
頁数・縦 228P 20cm

商品内容

要旨

陸軍軍医として独逸留学、青春を謳歌した記録「独逸日記」。多彩な資料から秘められた内容さえ補う現代語訳で西欧近代化を目指す明治初期の特権留学生活を追体験するドイツからの帰国後次々と発表し世の評判をさらった三作。「舞姫」の豊太郎、「うたかたの記」の小林、「文づかい」の巨勢はやはり鴎外自身の実体験に基づいていた…!?

目次

一八八四年/明治十七年
一八八五年/明治十八年
一八八六年/明治十九年
一八八七年/明治二十年
一八八八年/明治二十一年

著者紹介

森 鴎外 (モリ オウガイ)  
本名森林太郎。1862(文久2年)に、石見国鹿足郡津和野で生まれる。本来は津和野藩亀井家の14代典医となるはずだが、時代が明治となって、典医だった森家は没落。大学卒業後、陸軍軍医となって、陸軍省派遣留学生として4年間ドイツに留学。帰国後は小説家・評論家・翻訳家として文学活動を盛んに行なう。また陸軍では軍医総監まで昇り詰め、晩年は帝室博物館総長も務める
荻原 雄一 (オギハラ ユウイチ)  
学歴:学習院大学文学部国文学科卒業。埼玉大学教養学部教養学科アメリカ研究コース卒業。学習院大学大学院人文科学研究科国文学専攻修士課程修了。経歴:東京学芸大学講師などを経て、現・名古屋芸術大学教授。俳優座特別研究員。東京作家倶楽部会員。森鴎外記念会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)