• 本

アミルカル・カブラル アフリカ革命のアウラ

出版社名 柘植書房新社
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-8068-0725-4
4-8068-0725-7
税込価格 3,080円
頁数・縦 261P 20cm

商品内容

目次

序章 アミルカル・カブラルと現代
第1章 カブラルとアフリカ革命
第2章 プロムナード討論 アミルカル・カブラルのアフリカ革命論
第3章 カブラルのデクラッセ論とギニアビサウの現実
第4章 カブラルのプチ・ブルジョア論とアフリカ文化
第5章 「精神の再アフリカ化」を求める抵抗の諸形態
第6章 母権と無政府―アフリカ平等主義を考える
第7章 ウジャマァ社会主義とクリエンテス資本主義
補章(アフリカ文化とクレオリゼーション(石塚正英)
アフリカ直射思考(白石顕二))

著者紹介

石塚 正英 (イシズカ マサヒデ)  
1949年、新潟県生まれ。立正大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程満期退学、同研究科哲学専攻論文博士(文学)。1982年〜、立正大学、専修大学、明治大学、中央大学、東京電機大学(専任)歴任。2008年〜、NPO法人頸城野郷土資料室(新潟県知事認証)理事長
白石 顕二 (シライシ ケンジ)  
1946年、茨城県生まれ。東京都立大学法学部卒。アフリカ文化研究者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)