• 本

サカナ・レッスン 美味しい日本で寿司に死す

出版社名 CCCメディアハウス
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-484-19214-7
4-484-19214-4
税込価格 1,650円
頁数・縦 246P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

築地で、料理教室で、日本の台所で…苦手に挑めば人生が豊かになる。“ダメ女たちの人生を変えた”米国人料理家が帰ってきた!一歩踏み出せば、見えかたが変わる。わたしは「過去のわたし」になる。

目次

プロローグ 魚がこわい―アマゾン本社でのできごと
第1幕 米国人料理家、料理ができない日本人たちと出会う
第2幕 時差ボケで江戸前寿司を握る―魚料理の基礎を学ぶ
第3幕 築地市場ザ・ファイナル―明日に架ける橋
第4幕 寿司に死す!?―市場の一部になるということ
第5幕 ミニチュア富士からの眺め―恐れが学びに変わるとき
第6幕 魚グリルと秋刀魚の味―日本の家庭の台所へ
第7幕 キャッチ&リリース―釣り、築地、わたしの人生
第8幕 台所で魚料理を―経験し、咀嚼し、トライする
エピローグ 魚がこわい?―流れるままに愉しみ生きる

おすすめコメント

前作のPRで来日した著者は日本人の魚好きを実感する。しかし、魚を料理できるかと問うと、渋い顔になる人たちが多いことに気づく。なぜ日本人は魚離れしているのだろう? 築地の閉場に合わせてふたたび来日した著者は、魚の文化を学び、主婦の悩みを聞き、台所にも踏み込み「苦手意識の克服」という課題に挑戦していく。

著者紹介

フリン,キャスリーン (フリン,キャスリーン)   Flinn,Kathleen
作家/ジャーナリスト/料理家/IACP(国際料理専門家協会)理事。マイクロソフト勤務などを経て、渡仏。2005年に37歳でフランスのル・コルドン・ブルーを卒業後、米国に帰国。2007年、『The Sharper Your Knife the Less You Cry』(邦訳『36歳、名門料理学校に飛び込む!』野沢佳織訳、柏書房)が、ニューヨークタイムズ紙のベストセラーに選ばれ、2008年度Washington State Book Awardの「一般ノンフィクション部門」で最終選考に残る。2012年、『The Kitchen Counter Cooking School』で、米国ジャーナリスト・作家協会が選ぶASJA賞「自伝部門」を受賞。2017年、『The Kitchen Counter〜』の邦訳『ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室』(村井理子訳、きこ書房)が日本でベストセラーとなり、『世界一受けたい授業』(日本テレビ系列)に出演。現在は夫とともに、シアトルとフロリダを行き来しながら生活し、新聞や雑誌に寄稿しながら、料理家としても活躍
村井 理子 (ムライ リコ)  
翻訳家/エッセイスト/ファーストレディー研究家。1970年静岡県生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)