• 本

しあわせって、なに?

こども哲学

出版社名 朝日出版社
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-255-01120-2
4-255-01120-6
税込価格 1,760円
頁数・縦 1冊(ページ付なし) 24cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

この本には、しあわせって、なに?を考えるための大きな問題が6つ。いろんな考えをあれこれ組み合わせたり、ふだんは見えていないところをのぞきこんだりしながら、ほかのだれにもたどりつけない、きみだけの答えをさがしてみよう。

目次

しあわせ、って、どうしてわかる?
しあわせになるのは、かんたんなこと?
なにがなんでも、しあわせになりたい?
おかねがあれば、しあわせ?
しあわせになるには、みんながひつよう?
どうして、ときどき、ふこうになるの?

著者紹介

ブルニフィエ,オスカー (ブルニフィエ,オスカー)   Brenifier,Oscar
哲学の博士
西宮 かおり (ニシミヤ カオリ)  
東京大学卒業後、同大学院総合文化研究科に入学。社会科学高等研究院(フランス・パリ)留学を経て、東京大学大学院総合文化研究科博士課程を単位取得退学。訳書多数
ムリス,カトリーヌ (ムリス,カトリーヌ)   Meurisse,Catherine
イラストレーター
重松 清 (シゲマツ キヨシ)  
1963年生まれ。早稲田大学教育学部卒。出版社勤務を経て執筆活動に入る。ライターとして幅広いジャンルで活躍し、91年に『ビフォア・ラン』で作家デビュー。99年『ナイフ』で坪田譲治文学賞、『エイジ』で山本周五郎賞、2001年『ビタミンF』で直木賞、10年『十字架』で吉川英治文学賞、14年『ゼツメツ少年』で毎日出版文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)