• 本

だれでもできる小さい田んぼでイネつくり 緑肥とソバ粕で100u60kg

出版社名 農山漁村文化協会
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-540-17130-7
4-540-17130-5
税込価格 1,728円
頁数・縦 114P 21cm

商品内容

要旨

小さい田んぼを借りて始める人に。学校田にかかわる人に。農家が読んでもおもしろい!小さい田んぼだからこそ、楽しみながらたくさんとりたい。手間をかけるところにはかけ、ラクできるところはラクをして、100m2 60kgとれる技術を公開。そのコツは、ソバ粕(米ヌカでも可)で草を抑えること。冬は緑肥(レンゲや菜の花など)を育てて田んぼを裸にしないこと。

目次

第1章 小さい田んぼは昔のイネつくり(イネつくりは日本の伝統文化
田んぼとイネが暮らしを安定させてきた ほか)
第2章 田んぼの借り方・始め方(どうやって田んぼを借りるか
どんな田んぼがよいのか ほか)
第3章 小さい田んぼのイネつくりの基本(100m2 60kgとれるまでのステップ
大苗をつくる ほか)
第4章 小さい田んぼはイネつくりの実際(田んぼは春分の日に始まる
苗代つくり ほか)
第5章 さらなる安定多収のために(自家採種を行なう
天候を読む ほか)

著者紹介

笹村 出 (ササムラ イズル)  
1949年山梨県藤垈で生まれる。1986年神奈川県山北町で開墾生活を始める。1990年自然養鶏園「あいらんど」を設立する。1993年「あしがら農の会」を設立する。1999年神奈川県小田原市久野で田んぼを始める。2019年石垣島に移住。小田原との2拠点生活を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)