• 本

「競争力×稼ぐ力」を強くする生産性革命 日本企業が「グローバル」「ローカル」で勝つために大切なこと

出版社名 生産性出版
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-8201-2093-3
4-8201-2093-X
税込価格 2,530円
頁数・縦 245P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

生産性を高め、付加価値を創出する経営を目指せ。

目次

1 国内産業の「価値を最大化」する―取り組むべきことの全体像を描く(生産性とは何か?
付加価値を上げるのか?労働時間を下げるのか? ほか)
2 製造業編 「設計・調達・生産工程」の連携力を高め、世界戦で勝つ―競争力のある製品は、いかにして生まれるのか(すべての「製造業」が世界戦を余儀なくされていく!?
製造業の「競争力」を決定づけるものは何か ほか)
3 非製造業 「生産性向上」に抜け道なし―「王道」の取り組みを行い、地方で勝ち抜く(「地方のサービス業に未来はない」は大きな誤解
青い鳥は地方で探す ほか)
4 生産性を上げるために日本がすべきこと―目の前のチャンスを味方につけよう(東西に巨大な消費市場がある「恵まれた国、日本」
人手不足時代こそ追求したい「競争優位性」 ほか)

おすすめコメント

生産性を高め、付加価値を上げる経営がわかる本

著者紹介

冨山 和彦 (トヤマ カズヒコ)  
パートナー代表取締役CEO。BCG、CDI代表取締役を経て、産業再生機構COOに就任。機構解散後、IGPIを設立し、現在に至る。パナソニック社外取締役、東京電力ホールディングス社外取締役、経済同友会政策審議会委員長。財務省財政制度等審議会委員、財政投融資に関する基本問題検討会委員、内閣府税制調査会特別委員、内閣官房まち・ひと・しごと創生会議有識者、内閣府総合科学技術・イノベーション会議基本計画専門調査会委員、金融庁スチュワードシップ・コード、コーポレートガバナンス・コードのフォローアップ会議委員、経済産業省産業構造審議会新産業構造部会委員ほか。東京大学法学部卒、スタンフォード大学経営学修士(MBA)、司法試験合格
木村 尚敬 (キムラ ナオノリ)  
パートナー取締役マネージングディレクター。ベンチャー企業経営の後、日本NCR、タワーズペリン、ADLにおいて事業戦略策定や経営管理体制の構築などの案件に従事。IGPI参画後は、製造業を中心に全社経営改革、事業強化など、さまざまなステージにおける戦略策定と実行支援を推進。IGPI上海董事長兼総経理、モルテン社外取締役、サンデンホールディングス社外取締役。慶應義塾大学経済学部卒、レスター大学修士(MBA)、ランカスター大学修士(MS in Finance)、ハーバードビジネススクール(AMP)
沼田 俊介 (ヌマタ シュンスケ)  
パートナー取締役マネージングディレクター・ものづくり戦略カンパニー長。外資系コンサルティングファームおよび国内独立系ファームにて大手半導体、ガラスメーカー、化学メーカーなどグローバル製造業の業務改革構想立案と実行をサポート。事業戦略やIT戦略の立案から業務標準化、プロセス改善の実行までのハンズオン支援を実施。また、多くの製造業にて全社的なERP導入を指揮。IGPI参画後は各種製造業の短期的な収益性改善、ものづくり改革による中長期的な競争力強化、また、海外展開における戦略策定とその実行支援を統括。ケースウェスタンリザーブ大学経営学修士(MBA)
浜村 伸二 (ハマムラ シンジ)  
パートナー取締役マネージングディレクター。外資系コンサルティングファームを経て、産業再生機構にて、製造業を中心に事業再生計画の策定から経営支援業務に従事。IGPI参画後は、製造業、情報通信業、サービス業、小売・卸売業、外食業等の事業再生計画の策定ハンズオンでの実行支援、M&Aアドバイザリー、投資業務などに従事。地方創生カレッジプラットフォームWG委員。早稲田大学教育学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)