• 本

推理SFドラマの六〇年 ラジオ・テレビディクレクターの現場から

出版社名 論創社
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-8460-1764-4
4-8460-1764-8
税込価格 2,376円
頁数・縦 228P 20cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

島田一男、星新一、松本清張、山村正夫たち著名作家との交流。大ヒットドラマ「事件記者」の裏話。知られざるドラマ史の系譜を繙いた推理&SFドラマ年代記!

目次

第1章 ミステリードラマとの遭遇 昭和28年〜昭和33年頃(誤解と偶然
探偵ドラマとの出会い ほか)
第2章 本邦推理ドラマ事情 大正14年〜昭和30年頃(探偵小説時代
炭坑の中にはじまる ほか)
第3章 わが心のミステリードラマ 昭和33年〜昭和36年頃(ミステリーがやって来る
推理ドラマを推理する ほか)
第4章 ミステリードラマはラジオがよく似合う 昭和37年〜昭和46年頃(ラジオドラマが待っていた
第五氷河期 ほか)
第5章 名探偵は生きていた 昭和47年〜昭和60年(名探偵は甦えるか
太陽にほえろ ほか)

著者紹介

川野 京輔 (カワノ キョウスケ)  
1931年、広島県生まれ。本名・上野友夫。53年より『千一夜』や『風俗草紙』へ短編の投稿を始め、同年末には『別冊宝石』の懸賞に本名で応募した「復讐」が入選し、事実上の作家デビューとなる。中央大学法学部法科卒業後、54年にNHKへ入局。広島中央放送局放送部、松江放送局放送部を転任した後、60年に東京勤務となり芸能局へ配属される。91年にNHKを定年退職。広島中央放送局在職中に広島中央局長賞受賞。日本推理作家協会名誉会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)