• 本

地域をまわって考えたこと

出版社名 東京書籍
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-487-81220-2
4-487-81220-8
税込価格 1,728円
頁数・縦 191P 19cm

商品内容

要旨

さまざまな課題を抱えた日本の「地域」を訪ね、近代日本における地域の歴史的あり方と、これからの方向性を探り、持続可能な「地域」を考える。

目次

序論 地域を知るための視点
地域をまわって(福井県鯖江市―八〇〇を超える町工場が新しい風を育む
東京都桧原村―「夢」や「理想」がなければ人は変化に耐えられない
群馬県南牧村―夢物語から現実へ
静岡県熱海市―原点と経験
宮城県石巻市(前編)―「災害ユートピア」のあとで
宮城県石巻市(後編)―災害が開いた扉
東京都板橋区高島平団地―移住者が作り続ける町)
結論 戦後日本における地域

著者紹介

小熊 英二 (オグマ エイジ)  
1962年生まれ。歴史社会学者。慶應義塾大学総合政策学部教授。東京大学農学部卒業後、出版社勤務を経て、東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。著書に『単一民族神話の起源―“日本人”の自画像の系譜』(新曜社・サントリー学芸賞)、『“民主”と“愛国”―戦後日本ナショナリズムと公共性』(新曜社・大佛次郎論壇賞、毎日出版文化賞)、『社会を変えるには』(講談社現代新書・新書大賞)、『生きて帰ってきた男』(岩波新書・小林秀雄賞)ほか多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)