• 本

女がそんなことで喜ぶと思うなよ 愚男愚女愛憎世間今昔絵巻

出版社名 集英社
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-08-788011-3
4-08-788011-7
税込価格 1,512円
頁数・縦 239P 19cm

商品内容

要旨

メディアで引っ張りだこの文筆家・鈴木涼美の現代男女世相論。

目次

第1章 恋愛とか結婚とか不倫とか(30歳の誕生日―すべて失う5秒前
未知なる女の持ち物事情―小さい財布みぃつけた
男にとっての妻と愛人―渡米か不倫か ほか)
第2章 社会とかフェミニズムとかハラスメントとか(セクハラ問題―いやよダメよがお好きでしょ?
間違いだらけのフェミニズム―その男、リベラルにつき
平成最後のパワハラ判定―逃げるは恥だし角が立つ ほか)
第3章 男とかおじさんとかあなたとか(おじいさんによる「おばさん」ディス―女の子はいつでもミニ年増
買春大好き日本―「シロウト」女、上から見るか下から見るか
男と女、それぞれの成功論―あの鼻を折らすのはあなた ほか)

おすすめコメント

ウェブサイト「よみタイ」で人気急上昇の辛口コラム集。元AV女優で東大大学院卒、日経新聞記者であった著者独特の視点で、いつまでも夢見がちなクソ男といくつになっても迷い続けるアバズレ女たちの攻防をシチュエーションで区切って論評する。 ●人の幸福度ってセックスしてくれる人の数じゃなくてセックスしないで一晩一緒にいてくれる人の数で決まる ●東大卒の官僚だろうとAV事務所の社長だろうと地方の首長だろうと、クソみたいな男が沢山いるということはだいぶ明るみに出る世の中になった。 さて次は、クソみたいな女が沢山いる、ということも臆面なく指摘できる世の中にしていかなければフェアじゃない。次に吊し上げられるのは私たちクソ女 ●男だからって金払ったりドア開けたりしなくてもいいよ?そのかわりそういう男には女だからしてあげられることはしてあげない。手料理とかフェラチオとか…など掲載 <著者略歴>社会学者、タレント。1983年東京都生まれ。慶應義塾大学環境情報学部を卒業、東京大学大学院学際情報学府の修士課程を修了。大学・大学院時代にAVに出演。2009年から日本経済新聞社勤務、2014年自主退職。著書に『AV女優の社会学』『身体を売ったらサヨウナラ』『愛と子宮に花束を』『おじさんメモリアル』『オンナの値段』など。連載にブロス、SPA!!、GG、文春オンライン、ELLEonline、cakesなど多数

著者紹介

鈴木 涼美 (スズキ スズミ)  
1983年東京都生まれ。慶應義塾大学環境情報学部を卒業、東京大学大学院学術情報学府の修士課程を修了。大学在学中に横浜や新宿のキャバクラ嬢として働き、20歳でAVデビュー。院卒業後、2009年に日本経済新聞社に入社し、都庁記者クラブ、総務省記者クラブなどに配属され、地方行政の取材などを担当したのち、2014年に退社(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)