• 本

春淡し 文庫書下ろし/長編時代小説 吉原裏同心抄 6

光文社文庫 さ18−68 光文社時代小説文庫

出版社名 光文社
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-334-77857-6
4-334-77857-7
税込価格 648円
頁数・縦 309P 16cm

商品内容

要旨

高齢の四郎兵衛に代わり、廓を御する吉原会所の八代目頭取を誰が継ぐのか。五丁町名主の話し合いは紛糾し、画策や探り合いが始まった。新春の吉原、次期頭取候補と目される神守幹次郎を狙い、送りこまれる刺客に、張られる罠。危機を覚えた幹次郎は、故郷の豊後岡藩藩邸を訪れるとともに、ある決意を固める。吉原百年の計を思い、幹次郎の打つ、新たな布石とは。

おすすめコメント

故郷の豊後岡藩から、幹次郎の復藩話が意外な形で再び持ち出される。固辞しつつも、幹次郎が下す、廓を守るための苦渋の決断とは。

著者紹介

佐伯 泰英 (サエキ ヤスヒデ)  
1942年北九州市生まれ。闘牛カメラマンとして海外で活躍後、主にノンフィクション作品を発表する。’99年初の時代小説「密命」シリーズを手始めに、次々と時代小説を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)