• 本

唐渡り花 文庫書下ろし/長編時代小説 闇御庭番 4

光文社文庫 は28−17 光文社時代小説文庫

出版社名 光文社
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-334-77869-9
4-334-77869-0
税込価格 770円
頁数・縦 339P 16cm

商品内容

要旨

将軍直属の闇御庭番・菅沼外記は、江戸に流入する危険な抜け荷品の実態と、その流入経路を探る密命を受ける。棒手振りの義助は、魚河岸で仲間が死んだ背後に不審な犯罪の匂いを嗅ぎ、浅草奥山に小屋を張る唐人一座の花形・ホンファに魅了された春風は、怪しい廃寺へと導かれていく―。同様に事件を追う南町奉行の鳥居耀蔵と外記らの、新たな決戦が幕を開ける!

おすすめコメント

4ヶ月連続刊行、いよいよ大注目の書き下ろし新作登場!

著者紹介

早見 俊 (ハヤミ シュン)  
1961年、岐阜県岐阜市に生まれる。法政大学経営学部卒。会社員を経て作家活動に入る。「居眠り同心 影御用」(二見時代小説文庫)、「佃島用心棒日誌」(角川文庫)両シリーズで、第6回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞。『うつけ世に立つ 岐阜信長譜』(徳間書店)にて、第23回中山義秀文学賞にノミネート(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)