• 本

やわらかな兄征爾

光文社知恵の森文庫 tお16−1

出版社名 光文社
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-334-78769-1
4-334-78769-X
税込価格 864円
頁数・縦 325P 16cm

商品内容

要旨

やんちゃで熱心、家族思いで涙もろい。実弟だからこそ描けた世界のマエストロの“やわらかな”素顔。欧州・音楽武者修行中に家族にあてた「ブザンソン指揮者コンクール優勝を知らせる手紙」ほか「戦闘機に追われた戦時下」「カメラが苦手だった子供時代」「初めて振った長い曲・弦楽セレナーデ」など、家族だけが知る逸話も多数収録。名著ついに文庫化。

目次

1(北京の家
戦争の記億
リヤカーで運んだピアノ
金田村からの遠距離通学
ラグビーとピアノ
棒ふりの原点
斎藤先生の猛レッスン)
2(古い大学ノートから
ボクの“芸歴”―千夏ちゃんと越路さん
夢のような旅
AND NOW OZAWA)
3(集中力とリラックス
カラヤンとハリ灸
スポーツマン征爾
真打登場
艾青先生の詩
やわらかな兄)

おすすめコメント

僕から見ると、才能のほうはいざ知らず、タイプとしては完全に『努力型』の人間だと思う。―実弟が語る、全く新しい小澤征爾論。

著者紹介

小澤 幹雄 (オザワ ミキオ)  
1937年、小澤家4兄弟の末弟として中国・大連で生まれる。すぐ上の兄は世界的指揮者の小澤征爾。早稲田大学仏文科中退後、俳優、放送タレント、エッセイストとして活躍。主な出演作に「王様と私」「風と共に去りぬ」「放浪記」(東宝芸術座、帝劇)、NHK大河ドラマ「勝海舟」(ジョン万次郎役)など。ラジオ番組「小澤幹雄のやわらかクラシック」(FM東京)ではパーソナリティーを務め好評を博した。現在も講演活動やエッセイ執筆など多方面で活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)