• 本

日本文化ビジュアル解体新書

SBビジュアル新書 0011

出版社名 SBクリエイティブ
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-7973-9862-5
4-7973-9862-0
税込価格 1,100円
頁数・縦 191P 18cm

商品内容

要旨

どうしてお月見にススキを飾るの?お茶会で恥をかかないお茶の飲み方は?「如来」と「菩薩」はどう違う?いつも尺八を吹いている虚無僧は何者なのか?…日本人でも、いや、日本人だからこそうまく説明できないことは多いもの。本書は、長い歴史の中で独自の発展を遂げた伝統文化をピックアップ。イラストと写真を豊富に使い、わかりやすい解説を添えた。集めたのは、「大事なところ」と「面白いところ」だけ。それでは、ページを開いて日本“再発見”の旅へ。いざ出発!

目次

第1章 芸能
第2章 工芸
第3章 稽古事
第4章 芸術
第5章 年中行事
第6章 武道
第7章 住まいと道具

おすすめコメント

2020年のオリンピック開催や、海外旅行者の増加により、日本を訪れる外国人は、今後もますます増えていくことが予想されます。そうしたなかで私たちが問われるのは、日本文化に対する正しい理解。「“七五三”ってどんな行事?」「相撲の取り組みの前には、どうして塩をまくの?」「茶室ってどんなつくりになっている?」本書を読めば、こんな疑問がカンタンに理解できます。歌舞伎や能といった芸能、茶道やいけばな、書道などの芸事、さらに工芸(陶芸、漆器、和紙・・・)、芸術(浮世絵、仏像、日本庭園・・・)、年中行事など、50以上の項目を4〜8ページでやさしく解説。横断的・網羅的に日本文化を解説した画期的なビジュアル本です。

著者紹介

山本 素子 (ヤマモト モトコ)  
京都生まれ。立命館大学卒。出版社、広告制作会社を経て独立。フリーランスのライター・編集者として数々の書籍・雑誌の制作に携わる。伝統文化全般から、政治・経済、メイク、料理まで多岐にわたる分野を手がける。近年は日本語教師としても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)