• 本

訴訟王エジソンの標的

ハヤカワ文庫 NV 1454

出版社名 早川書房
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-15-041454-2
4-15-041454-8
税込価格 1,320円
頁数・縦 552P 16cm

商品内容

要旨

19世紀末のニューヨーク。発明王エジソンは、実業家ウェスティングハウスの製造する白熱電球に対し、特許権侵害訴訟を起こしていた。ウェスティングハウスに雇われた新進気鋭の弁護士ポールは、エジソンを嫌う天才発明家テスラを味方にする一方で、電球の特許の欠陥を暴こうとする。だがエジソン側は策略をめぐらしていた。火花を散らす頭脳戦の結末は?訴訟王の異名を持つエジソンとの闘いをスリリングに描く傑作長篇。

著者紹介

ムーア,グレアム (ムーア,グレアム)   Moore,Graham
2015年に日本公開されたベネディクト・カンバーバッチ主演映画『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』で、アカデミー賞の脚色賞を受賞した注目の脚本家。シカゴ生まれでニューヨーク育ち。コロンビア大学で宗教史を学んだ。2010年に『シャーロック・ホームズ殺人事件』(ハヤカワ・ミステリ文庫刊)で作家デビューを果たし、高い評価を得ている
唐木田 みゆき (カラキダ ミユキ)  
上智大学文学部卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)