• 本

気づかせる技術 部下が自分で考えて動き出す

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-02-331787-1
4-02-331787-X
税込価格 1,650円
頁数・縦 303P 19cm

商品内容

要旨

「で、どうしたい?」「君らしくないね」「私にもわからない」人は自分で気づかないと絶対に変わらない。15000人の行動を変えたインバスケット式“気づきマネジメント”。

目次

第1章 気づきとは思い込みを解くこと(遅刻の本当の理由
刺激を受け入れない部下達 ほか)
第2章 気づかせ、部下の答えを引き出す(主観は捨てる
フィードバックで気づかせる ほか)
第3章 気づきを行動に変える技術(また崩れ始める積み木
気づきは消えてなくなる ほか)
第4章 本当の気づきを得る(気づきの感度コントロール
気づかせない技術)

おすすめコメント

著書累計70万部「インバスケット」シリーズ著者による全く新しいマネジメント書! 「らしくないね」「で、どうしたい?」など、相手に気づかせることで自発的に行動を変え、成長させるフレーズやコツをストーリー形式でわかりやすく解説。

著者紹介

鳥原 隆志 (トリハラ タカシ)  
大学卒業後、株式会社ダイエーに入社。販売部門や企画部門を経験し、10店舗を統括する食品担当責任者(スーパーバイザー)として店長の指導や問題解決業務に努める。管理職昇進試験時にインバスケットに出合い、自己啓発としてインバスケット・トレーニングを開始。日本で唯一のインバスケット教材開発会社として、株式会社インバスケット研究所を設立し代表取締役に就任。法人向けのインバスケット教材開発と導入をサポートする、日本のインバスケット・コンサルタントの第一人者としてテレビやラジオに出演し、ビジネスパーソンの行動分析をするなど活動中。国内外での講演や、研修実績多数。延べ受講者数は15000人以上を数える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)