• 本

帰去来 太宰治私小説集

P+D BOOKS

出版社名 小学館
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-09-352369-1
4-09-352369-X
税込価格 660円
頁数・縦 330P 19cm

商品内容

要旨

旧家に生まれた者の“暗い宿命”を描いた太宰治「私小説集」。明治四十二(1909)年六月、太宰治こと津島修治は青森県北津軽郡に誕生、のちに遠く東京にあって望郷の念を募らせていた。太宰は、津軽での幼・少年期を“遺書”のつもりで書き綴った処女作「思い出」で文壇デビュー。その後、兄との不和から十年ぶりとなった帰郷を描いた「帰去来」、母危篤の報を受けての帰郷を描く「故郷」、そして、時局差し迫る中での津軽旅行をまとめた「津軽」と、旧家に生まれた者の暗い宿命を描いている。前四作品に加え、名作「富嶽百景」を含む太宰の私小説で構成したアンソロジー集。解説を同じ東北出身の作家・佐伯一麦氏が特別寄稿。

出版社・メーカーコメント

旧家に生まれた“暗い宿命"を描く私小説集 名作「富嶽百景」を含む、太宰の私小説で構成したアンソロジー集。 明治42(1909)年6月、太宰治こと津島修治は青森県北津軽郡に誕生、のちに遠く東京にあって望郷の念を募らせていた。 津軽での幼・少年期を“遺書"のつもりで書き綴った処女作「思い出」で文壇デビューを果たし、その後、兄との不和から十年ぶりとなった帰郷を描いた「帰去来」や、母危篤の報を受けての帰郷を描く「故郷」、そして、時局差し迫る中での津軽旅行をまとめた「津軽」と、旧家に生まれた者の暗い宿命を描いている。 解説を同じ東北出身の作家・佐伯一麦氏が特別寄稿。

著者紹介

太宰 治 (ダザイ オサム)  
1909年(明治42年)6月19日‐1948年(昭和23年)6月13日。青森県出身。本名は津島修治(つしましゅうじ)。1935年「逆行」が第1回芥川賞の次席となり、翌36年、第一創作集『晩年』を刊行。その作風から新戯作派、無頼派と称される。代表作に『走れメロス』『お伽草紙』『斜陽』『人間失格』など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)