• 本

これでいいのか千葉県

地域批評シリーズ 37

出版社名 マイクロマガジン社
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-89637-889-4
4-89637-889-X
税込価格 1,078円
頁数・縦 319P 15cm

商品内容

要旨

本書では千葉の新住民・原住民の生態を明らかにすると共に、房総を中心に各地域のさまざまな問題を取り上げ、さらに、関東の永遠のライバル(?)である埼玉県との比較を自虐まみれで論じた。多くの千葉県民の魂に刺さるであろう新たな「千葉論」に刮目せよ!!

目次

第1章 千葉県ってどんなトコ?
第2章 ちょっとビミョーな千葉県のポテンシャル
第3章 地域によって七変化!?房総民の生態に迫る!
第4章 永遠のライバル関係!?埼玉には負けられない!
第5章 パッとしない県都・千葉市のモガキ
第6章 のんびりだけど主張する内房
第7章 生粋の房総民族が躍動する外房
第8章 千葉都民の侵略進む悲喜こもごもの北総・東葛・葛南
第9章 千葉都民と房総民の黄金タッグを実現せよ!

おすすめコメント

〜多くの千葉県民の魂に刺さるであろう新たな「千葉論」に刮目せよ!!〜千葉県中央〜北西部の「東葛」「葛南」「千葉市」の3地域は、千葉県総面積のごく一部だが、人口は県内総人口の半数以上を占め、東京に依存した生活を送る「千葉都民」と呼ばれ、郷土愛が薄い。いわゆる「房総」には、郷土愛に溢れた多くの千葉原住民が暮らしているが、ほとんどの地域では、高齢化・過疎化が進み、地域格差は着実に広がっている。千葉の新住民・原住民の生態を明らかにすると共に、千葉県の房総を中心に各地域のさまざまな問題を取り上げ、さらに、関東の永遠のライバル(?)である埼玉県との比較を自虐まみれで論ずる!

著者紹介

鈴木 ユータ (スズキ ユータ)  
1982年千葉県木更津市生まれ。フリーライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)