• 本

モナリザの微笑(ほほえみ) ハクスレー傑作選

講談社文芸文庫 ハB1

出版社名 講談社
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-06-516280-4
4-06-516280-7
税込価格 1,728円
頁数・縦 284P 16cm

商品内容

要旨

ディストピア小説の金字塔『すばらしい新世界』、音楽の対位法を駆使した傑作『恋愛対位法』等、その博覧強記と審美眼で二十世紀文学に特異かつ確固たる地位を占めるハクスレーの本領を示す短篇集。三人の女性との恋愛が徐々にミステリ色を帯びる「モナリザの微笑」、朝食から昼食までの間に文芸評論家が財界の巨人の人生と思想を語り尽くして圧倒する「チョードロン」他。これぞ小説の醍醐味!

おすすめコメント

機械文明の発達により便利になった世界がかえって人間性の喪失につながるという、まさに21世紀の世界が直面する問題を描いたディストピア小説『すばらしい新世界』のハクスレーによる、傑作短篇集。モームやヘンリー・ジェイムスの名訳者として知られる行方昭夫氏が、作風の異なる5つの短篇を精選し、訳し下ろしました。科学、数学から美術、音楽、哲学にいたるまで、博学で知られるハクスレーの面目躍如たる作品集です。 収録作:「モナリザの微笑」「天才児」「小さなメキシコ帽」「半休日」「チョードロン」

著者紹介

ハクスレー,オルダス (ハクスレー,オルダス)   Huxley,Aldous Leonard
1894.7.26〜1963.11.22。小説家、批評家。イギリス生まれ。オックスフォード大学卒業。小説、文明批評のほか、神秘思想・精神世界へも造詣が深く、精神科医の指導のもと自ら幻覚剤(メスカリン)を使用した経験を記した『知覚の扉』などの著作でも有名。代表的な小説に『恋愛対位法』『すばらしい新世界』『ガザに盲いて』『島』他がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)