• 本

ビビビ・ビ・バップ

講談社文庫 お102−3

出版社名 講談社
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-06-515713-8
4-06-515713-7
税込価格 1,595円
頁数・縦 829P 15cm

商品内容

要旨

女性ジャズピアニストが世界的ロボット工学者から受けた奇妙な依頼。それが人類の運命をゆるがす事件の始まりだった。電脳内で生き続ける命、迫り来るウイルス大感染の危機―ヴァーチャル新宿から近未来の南アフリカまで、AI技術による人間観の変容を通奏低音に奏でる、類のないエンタテインメント小説!

おすすめコメント

芥川賞作家によるエンタテインメント近未来小説!AI技術による人間観の変容を通奏低音に、壮大なスケールで軽やかに語る傑作長篇。

著者紹介

奥泉 光 (オクイズミ ヒカル)  
1956年山形県生まれ。国際基督教大学大学院比較文化研究科博士前期課程修了。’93年『ノヴァーリスの引用』で野間文芸新人賞、’94年「石の来歴」で芥川賞、2009年『神器 軍艦「橿原」殺人事件』で野間文芸賞、’14年『東京自叙伝』で谷崎潤一郎賞、’18年『雪の階』で柴田錬三郎賞、毎日出版文化賞をそれぞれ受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)