• 本

戦争とおはぎとグリンピース 婦人の新聞投稿欄「紅皿」集

角川文庫 あ111−1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-04-106884-7
4-04-106884-3
税込価格 670円
頁数・縦 217P 15cm

商品内容

要旨

昭和29年以降、高度経済成長期を迎える日本。沸き立つ空気の中であっても、人々の暮らしには未だ戦争の記憶が色濃く残っていた。息子の生還を祈っておはぎを作り続けた母、満州引き揚げの際も決して手離さなかった形見のなべ。ヨウカン、ライスカレー、グリンピース。新聞の小さな投稿欄に登場する食べ物に、家族のため必死で生き抜いた女性たちの戦争と戦後が浮かび上がる。強さと優しさが胸を突く42編の昭和の記憶。

目次

鳥目
夫の遺影に
模型飛行機
イースターの卵
女というもの
お手玉
平和への願い
帰国者
愛国心
入道雲〔ほか〕

おすすめコメント

マスコミでも大きく話題! 新聞の投稿欄に掲載された女たちの戦争と戦後!戦地から戻る息子を待ち続けた「おはぎ」の思い出、満州から引き揚げのときも手離さなかった鉄鍋。羊羹、ライスカレー、グリンピース……。投書に登場する食べ物から女性たちの戦争と戦後が見えます。