• 本

ロシアを知る。

出版社名 東京堂出版
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-490-21011-8
4-490-21011-6
税込価格 1,728円
頁数・縦 299P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

北方領土問題、プーチン、ソ連について最強の二人が語りつくす!ロシアの裏の顔から表の顔までを描いた異色のロシア本!

目次

序章 緊急対談 動き始めた北方領土交渉のゆくえ
1章 蘇る帝国「おそロシア」の正体
2章 「ソビエト連邦」の遺産―その功と罪
3章 ソ連社会の実像―繁栄から崩壊へ
4章 独裁化する国家権力
5章 ソ連・ロシアの幻影を追う日本
6章 帝国の攻防―諜報と外交の舞台裏

出版社・メーカーコメント

「ロシアはわかりにくい謎の国」――。そんな隣国について、ジャーナリストの池上彰氏と、ロシアの裏の顔から表の顔まで知り尽くす作家・佐藤優氏がとことん語り尽くす。北方領土問題のゆくえ、プーチンについて、ロシア人の国民性、ロシア革命はなぜ成功したのか、ソ連の「功罪」について、さらにはソ連体制はアイスクリームで崩壊した、なぜ暗殺事件は繰り返されるのか、などなど――。ロシアというつかみどころのない大国を、独自の切り口から描き出した実にユニークで類のない、異色のロシア本。学生からビジネスパーソン、国際問題に関心のある人まで、必読!

著者紹介

池上 彰 (イケガミ アキラ)  
1950年長野県松本市生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。1973年NHKに入局。1994年から11年間にわたって番組『週刊こどもニュース』でお父さん役を務める。わかりやすい解説が人気を博し、子どもから大人まで幅広い年齢層に支持される。2005年にNHKを退社、作家、フリージャーナリストとして活躍。東京工業大学リベラルアーツセンター教授を経て、名城大学教授、東京工業大学特命教授、立教大学客員教授、東京大学客員教授などを務める
佐藤 優 (サトウ マサル)  
1960年東京都生まれ。作家、元外務省主任分析官。同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省に入省し、在ロシア連邦日本国大使館に勤務。その後、本省国際情報局分析第一課で、主任分析官として対ロシア外交の最前線で活躍する。2002年5月に背任と偽計業務妨害容疑で逮捕、起訴される。2009年6月有罪確定(懲役2年6ヵ月、執行猶予4年)。2013年6月に執行猶予期間を満了、刑の言い渡しが効力を失う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)