• 本

子どもの発達が気になったらはじめに読む発達心理・発達相談の本

出版社名 ナツメ社
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-8163-6670-3
4-8163-6670-9
税込価格 1,296円
頁数・縦 190P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「発達心理学」と「発達相談」の知識に照らしながら、「子どもに起こっていること」や「子どもの気持ち」を、いつもと少し違う視点から理解し、どうやって子どもに接し、生活の場面で工夫していけばよいかを具体的に解説しています。

目次

こんなふうに考える発達のとらえ方
1 「発達」とは?
2 「発達の障害」とは?
3 「発達」から派生する「問題」
4 「発達相談」とは?
キーワード解説
ふろく 社会情動的発達チェックリスト(SEDC)
「発達」が気になるときの相談先(機関・人)

出版社・メーカーコメント

「発達が気になる」「専門家に相談したら」…そんな言葉をかけられたとき、どのように考え対応したらよいのでしょうか。本書は発達心理学の基礎知識を解説しながら、発達支援の現場で活躍する著者が、発達に関する様々な問題について答えます。子育て、療育、発達支援、特別支援教育の現場で必携の一冊。・親、先生、子育てに携わるすべての方へ、子育て、教育支援の見方が変わる!・「発達が気になる」と言われたら、まず手にとって欲しい本・子育て、療育、発達支援、特別支援教育の現場で、必携の一冊!

著者紹介

加藤 弘通 (カトウ ヒロミチ)  
中央大学文学部卒業。同大学院を修了後、フリースクールKOPPIE心理士、公立中学校情緒障害児学級支援員、保育園の巡回相談員、常葉大学短期大学部保育科専任講師、静岡大学教職大学院准教授などを経て、北海道大学大学院教育学研究院准教授。臨床心理士
岡田 智 (オカダ サトシ)  
東京学芸大学教育学部卒業。同大学院を修了後、ながやまメンタルクリニック臨床心理士、東京都公立教育相談室相談員、YMCA東陽町センター講師、共立女子大学家政学部児童学科専任講師などを経て、北海道大学大学院教育学研究院附属子ども発達臨床研究センター准教授。公認心理士、臨床心理士、特別支援教育スーパーバイザー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)