• 本

焼きそばうえだ

集英社文庫 さ24−20

出版社名 集英社
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-08-745892-3
4-08-745892-X
税込価格 572円
頁数・縦 214P 16cm

商品内容

要旨

「植田さん、会社を辞めて、バリでヤキソバ屋でも開いたほうが幸せかもね」の一言からすべては始まった。さくらさんを始めとする「男子の会」のメンバーは動揺する植田さんを伴い、ホントにバリへ!焼きそばの研究や、物件交渉、睡眠不足での看板作りなど思ってもみなかった数々の難題に立ち向かう!現地での奇跡の出会いもあり、事態は好転するかにも思えたが―。ジョーダンみたいな本当の話。

目次

男子の会結成
植田さんの人生を考える
植田さんの動揺
ヤキソバの研究
開店の準備
出発
打ち合わせ
苦戦
長尾さんの立派さ
親切な人の登場
日本の味の難しさ
親切を考える
ひとりぼっちの少年
家具、食器を買いに行く
残業
アリミニさんの家
停滞
再びバリへ
植田さんのウワサ
オープニングセレモニー
最悪な客
次の目標

出版社・メーカーコメント

まさに、ひょうたんから駒!?軽〜い一言から始まった、実は壮絶なドキュメント!(笑)本当にバリにヤキソバ屋を開店、なんて、信じられますか? ありがとう さくらももこ先生「植田さん、会社を辞めて、バリでヤキソバ屋でも開いたほうが幸せかもね」の一言からすべては始まった。さくらさんを始めとする「男子の会」のメンバーは動揺する植田さんを伴い、ホントにバリへ!焼きそばの研究や、物件交渉、睡眠不足での看板作りなど思ってもみなかった数々の難題に立ち向かう! 現地での奇跡の出会いもあり、事態は好転するかにも思えたが──。ジョーダンみたいな本当の話。

著者紹介

さくら ももこ (サクラ モモコ)  
1965年5月8日静岡県生まれ。86年「りぼん」で「ちびまる子ちゃん」連載開始。89年同作品で第13回講談社漫画賞受賞。90年作詞をした「おどるポンポコリン」が日本レコード大賞ポップス・ロック部門受賞。91年初エッセイ『もものかんづめ』がベストセラーに。『さるのこしかけ』(92年)で第27回新風賞受賞。『スヌーピーブックス』シリーズでは翻訳を手がけるなど幅広く活躍した。2018年8月逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)