• 本

佐武と市捕物控 江戸暮しの巻

ちくま文庫 い97−2

出版社名 筑摩書房
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-480-43599-6
4-480-43599-9
税込価格 858円
頁数・縦 318P 15cm
シリーズ名 佐武と市捕物控

商品内容

要旨

若き下っ引き佐武、盲目で剣の達人の市。その二人が解決する江戸の難事件。斬新な筆致と胸を打つドラマ。マンガ史上に輝く最高傑作シリーズ。江戸の風物を背景に、人々のこころの闇と生きる哀しさを描いた作品群をセレクトした文庫オリジナル・アンソロジー。

著者紹介

石ノ森 章太郎 (イシノモリ ショウタロウ)  
本名:小野寺章太郎。1938年1月25日、宮城県登米郡(現・登米市)生まれ。1954年、高校在学中に『二級天使』でデビュー。高校卒業と同時に上京し、漫画家生活に入る。1998年死去。2006年、角川書店(現・KADOKAWA)から500巻770作品におよぶ個人全集『石ノ森章太郎萬画大全集』が発行開始され、一人の著者による最も多い漫画の出版の記録としてギネスに認定される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)