• 本

井上ひさしベスト・エッセイ

ちくま文庫 い20−16

出版社名 筑摩書房
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-480-43600-9
4-480-43600-6
税込価格 1,045円
頁数・縦 397P 15cm

商品内容

要旨

「日本のシェイクスピア」「言葉の魔術師」と評され、多彩な執筆活動を続けた著者のエッセイ作品の中から主に文学・人・ことば・演劇・笑い・家族、について書かれた作品を夫人が精選。「最良の井上ひさし」入門ともなるよう編まれたエッセイ集。

目次

お話しをつくる人が好き(『ハムレット』と『かもめ』
チェーホフの机 ほか)
ことば・コトバ・言葉(わが言語世界の旅 ほか)
こころの中の小さな宝石(春のハモニカ
自分の好きなもの ほか)
ユートピアの時間(NHKに下宿したはなし
ニセモノへの賭け ほか)
むずかしいことをやさしく(心の内昭和は続く
ジャックの正体 ほか)

著者紹介

井上 ひさし (イノウエ ヒサシ)  
1934年山形県生まれ。作家・劇作家。上智大学卒業。「ひょっこりひょうたん島」など放送作家として活躍ののち、72年に「道元の冒険」による岸田國士戯曲賞、「手鎖心中」で直木賞受賞。81年「吉里吉里人」により日本SF大賞・読売文学賞を受賞。83年「こまつ座」を創立し、「頭痛肩こり樋口一葉」「人間合格」他、多くの戯曲を書き下ろし上演。99年菊池寛賞、01年朝日賞受賞、04年文化功労者。2010年逝去
井上 ユリ (イノウエ ユリ)  
1953年生まれ。料理研究家。87年、井上ひさしと結婚(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)