• 本

現代数学概論

ちくま学芸文庫 セ3−4 Math & Science

出版社名 筑摩書房
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-480-09929-7
4-480-09929-8
税込価格 1,512円
頁数・縦 354P 15cm

商品内容

要旨

抽象的で初学者にはとっつきにくい「現代数学」。そこではどのような世界が広がり、どのようなことが考えられているのだろうか。「集合」「写像とグラフ」「群論」「数学的構造」といった基本的概念を手掛かりに、数学を徹底的に対象化・客観化し、“外”から見たその姿を語る入門書。本書はユニークな内容・構成と平易な解説で、数学とは何か?その組み立ては?それらの問いに答えるいわば現代数学の地図である。数学基礎論を専門とする著者らしく、後半は論理や計算機科学の話題が展開される。

目次

第1章 集合
第2章 写像とグラフ
第3章 群論ABC
第4章 数学的構造
第5章 数学の記号化
第6章 集合と数の基本法則
第7章 論理の法則
第8章 トートロジー
第9章 論理の完全性
第10章 計算とは何か

著者紹介

赤 攝也 (セキ セツヤ)  
1926年生まれ、1949年東京大学理学部数学科卒業。立教大学、東京教育大学、放送大学教授を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)