• 本

報道事変 なぜこの国では自由に質問できなくなったか

朝日新書 722

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-02-295025-3
4-02-295025-0
税込価格 853円
頁数・縦 209P 18cm

商品内容

要旨

いま政治取材の現場で何が起きているのか。「質問できない国」の内側を暴く。不都合な質問を封じ、日に日に軽視される記者の質問。巨大化する権力の揺さぶりに、記者はどう立ち向かうべきか。そして、何がこうした政権の横暴を可能にしているのか。政治部記者として歴代官房長官会見を500回以上取材した著者が、嘘や強弁がまかり通る政治の現状に警鐘を鳴らす。

目次

第1章 答えない政治家(元号発表の記者会見
4カ月ぶりに会見場で行われた首相単独の記者会見 ほか)
第2章 「望月封じ」全詳報(記者のいない会見
「答えたくない質問には答えなくていい」 ほか)
第3章 「ウソ発言」「デタラメ答弁」ワースト10(「誤報」の脅し
1 「週刊誌に売ること自体が犯罪だ」 ほか)
第4章 文書が残らない国(「首相動静」を根拠にする首相
政治環境に左右される公文書 ほか)
第5章 記者クラブ制度と「連帯」(新聞労連の「可能性」
小泉進次郎氏が突きつけた記者クラブの無力 ほか)

おすすめコメント

「はい、次の質問」。露骨な圧力、質問妨害、時間削減──閣僚はじめ政治家の会見で何が起こっているのか。政治部記者として歴代官房長官を500回以上取材した著者が、「もう自由に質問できない」この国の今に警鐘を鳴らす。

著者紹介

南 彰 (ミナミ アキラ)  
1979年生まれ。2002年に朝日新聞社に入社し、2008年から東京政治部、大阪社会部で政治取材を担当。2018年秋より新聞労連に出向し、中央執行委員長を務める。新聞、民放、出版などのメディア関連労組でつくる「日本マスコミ文化情報労組会議」の議長も兼務している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)