• 本

フィンランドの教育はなぜ世界一なのか

新潮新書 817

出版社名 新潮社
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-10-610817-4
4-10-610817-8
税込価格 842円
頁数・縦 233P 18cm

商品内容

要旨

人口約五五〇万人、小国ながらもPISA(一五歳児童の学習到達度国際比較)で、多分野において一位を獲得、近年は幸福度も世界一となったフィンランド。その教育を我が子に受けさせてみたら、入学式も、運動会も、テストも、制服も、部活も、偏差値もなかった。小学校から大学まで無償、シンプルで合理的な制度、人生観を育む独特の授業…AI時代に対応した理想的な教育の姿を示す。

目次

第1章 フィンランドで親をやるのは楽だった
第2章 フィンランド式「人生観」の授業と道徳
第3章 フィンランドはいじめの予防を目指す
第4章 フィンランドの性教育
第5章 フィンランドはこうして「考える力」を育てている
第6章 フィンランドの「愛国」と兵役
第7章 フィンランドの親は学校とどう関わるのか
第8章 フィンランドの母はなぜ叙勲されるのか

著者紹介

岩竹 美加子 (イワタケ ミカコ)  
1955(昭和30)年、東京都生まれ。早稲田大学客員准教授、ヘルシンキ大学教授を経て、同大学非常勤教授(Dosentti)。ペンシルベニア大学大学院民俗学部博士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)