• 本

読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術

出版社名 ダイヤモンド社
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-478-10722-5
4-478-10722-X
税込価格 1,620円
頁数・縦 271P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

序章 なんのために書いたか(書いたのに読んでもらえないあなたへ)
第1章 なにを書くのか―ブログやSNSで書いているあなたへ(文書と文章は違うことを知っておく
ネットで読まれている文章の9割は「随筆」 ほか)
第2章 だれに書くのか―「読者を想定」しているあなたへ(ターゲットなど想定しなくていい
だれかがもう書いているなら読み手でいよう ほか)
第3章 どう書くのか―「つまらない人間」のあなたへ(つまらない人間とは「自分の内面を語る人」
物書きは「調べる」が9割9分5厘6毛 ほか)
第4章 なぜ書くのか―生き方を変えたいあなたへ(書くことは世界を狭くすることだ
貨幣と言語は同じもの ほか)

おすすめコメント

書くことは、たった1人のベンチャー起業だ。 電通コピーライター24年から無職へ。「自分が読みたいことだけ書く」という方針で書きまくり、依頼殺到、読者熱狂。孤高のwebライター鮮烈の処女作。 自分が本当に読みたいことを書ききって、結果として誰かとつながる。 やわらかくて新しい、希望の文章講義、開講です。

著者紹介

田中 泰延 (タナカ ヒロノブ)  
1969年大阪生まれ。早稲田大学第二文学部卒。1993年株式会社電通入社。24年間コピーライター・CMプランナーとして活動。2016年に退職、「青年失業家」と自称しフリーランスとしてインターネット上で執筆活動を開始。映画・文学・音楽・美術・写真・就職など硬軟幅広いテーマの文章で読者の熱狂的な支持を得る。「明日のライターゼミ」講師。『読みたいことを、書けばいい。―人生が変わるシンプルな文章術』が初の著書(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)