• 本

ウェブ担当者のためのサイトユーザー図鑑

Business×Design×IT

出版社名 マイナビ出版
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-8399-6708-6
4-8399-6708-3
税込価格 2,629円
頁数・縦 195P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

これ1冊で、ユーザーイメージとサイトシナリオのつくり方・活かし方がわかる!「ユーザーのニーズがわからない…」「ユーザー対応が社内でバラバラ…」現場で悩めるあなたのための、サイトユーザー攻略法がまとまる本!ECサイト・公式サイト・ウェブメディア運営に使えるユーザーモデルを17タイプ収録!

目次

序章 カテゴリ別サイトユーザー図鑑
第1章 ユーザーイメージづくりの手順を知る
第2章 ユーザーイメージづくりが失敗する3つのパターン
第3章 ユーザーイメージに必要な5つの情報、5つの分析軸
第4章 サイトの体験シナリオが失敗する3つのパターン
第5章 理想的なサイトの体験シナリオのつくり方
第6章 読まれる!使われる!ユーザーレポート作成のコツ
第7章 知見を社内で共有しよう
第8章 今すぐ商品情報に強くなれる!即戦力級「公開リサーチデータ」

出版社・メーカーコメント

「ユーザーのニーズがわからない…」とお悩みのあなたも、 「ユーザー対応が社内でバラバラ…」とお嘆きのあなたも、 これ一冊でサイトユーザーの攻略法がまとまる! サイトリニューアル、新サービスのインキュベーション、マーケティング施策、広告プロモーション、他社サイトとの提携コラボレーション、などなど、ウェブサービスの現場では、「共通のユーザーイメージ」を持って臨まなければならないプロジェクトが多数あります。 プロジェクト内で統一したイメージを持つために、ここ数年増えてきている手法が、「ペルソナ」・「カスタマージャーニー」です。しかし、それらを作成するにあたり、高いハードルとなっているのが、ファーストステップであるユーザーデータを集める工程です。 ここできちんとデータを集め、分析することができないと、データが「使えない」ものになってしまい、結果「ユーザーイメージ」も現実とブレた、使えないものになってしまいます。 そこでカギになってくるのが、「代表的なユーザーイメージ」と「理想的なサイトの体験シナリオ」なのです。

著者紹介

菅原 大介 (スガワラ ダイスケ)  
リサーチャー。マーケティングリサーチのリーディングカンパニー「マクロミル」で、外資系コンサル・大手広告代理店の調査を運用するリサーチディレクション業務を担当したのち、飲食店ポータルサイト最大手企業(サービス)、総合ECサイト売上ランキング上位企業(物販)など、ウェブサービスの事業会社にて10年間リサーチ業務に携わる。専門分野は、ECサイト・予約サイトの市場調査。マクロミルで月次約500問のウェブアンケートを運用した経験をもとに、飲食・美容・健康・家電・雑貨など、サービス・物販の枠組みを越えたマルチカテゴリでユーザー調査を手がける。成長ステージの企業でユーザーインサイトに基づくサービス企画・サービス広報を担い、サイトリニューアル・新サービスのインキュベーション・サービスエリア拡大・キラーカテゴリの売上ギネス更新・不振カテゴリの再建・調査リリースの記者発表会・セレクトショップ新規開業など、数々のプロジェクトを成功に導いている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)