• 本

妖狐の執事はかしずかない 3

富士見L文庫 ふ−3−2−3

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-04-073198-8
4-04-073198-0
税込価格 691円
頁数・縦 281P 15cm
シリーズ名 妖狐の執事はかしずかない

商品内容

要旨

丘の上の幽霊屋敷“黄昏館”。その当主となった高町遥は、妖狐の執事・雅火とともに、あやかし事件を収める街の顔役だ。鎌鼬の料理人・疾風を新たな従者に迎え、時たま遥の食事係をかけた雅火と疾風の激突もありつつ、館の生活はより賑やかに。そんな折、遥の学友が遊びに来ることになる。あやかしよりも人に慣れない遥は大慌て。その上あやかし事件まで持ち込まれ、おもてなしを同時にこなすことになり…!?主従逆転コンビの絆と、当主の器が試される?心温まるあやかし物語、第3弾!

おすすめコメント

新米当主と妖狐の執事。主従逆転コンビの絆と、当主の器が試される? 街のあやかしの調停役を継いだ高校生・遥と、その執事を務める妖狐の雅火。彼らの住む丘の上の幽霊屋敷に、遥の学校の友達が遊びに来ることに。あやかし事件の解決と、友人のもてなしを同時にこなすことになり!?

著者紹介

古河 樹 (フルカワ イツキ)  
児童向け小説やノベライズなどを手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)