• 本

紅霞後宮物語 第10幕

富士見L文庫 ゆ−2−1−10

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-04-073197-1
4-04-073197-2
税込価格 648円
頁数・縦 231P 15cm
シリーズ名 紅霞後宮物語

商品内容

要旨

皇族である〓(そう)尚書の引退が決まった。新たに皇族の官吏をということで十数年前に引退した茹王が復帰。あわせて彼の長女も後宮に入ることになった。しかし、病弱な長女は後宮に入る前に亡くなり、代わりに腹違いの妹・仙娥が妃嬪としてやってくる。親身に姉の看病をしていたという姉妹愛溢れる逸話を持ち、後宮でもそつなくこなす仙娥に、頼もしさを覚える真桂らだが…。新たな妃嬪登場で思惑入り乱れる後宮。新たな妃嬪は小玉の敵?それとも味方―?

おすすめコメント

新たな妃嬪登場! 彼女は小玉の敵となるのか――!? 後宮に新たな妃嬪を迎えることになった。しかし後宮入り直前に亡くなってしまった本人に代わり、入ってきたのは腹違いの妹・仙娥。小玉に対し率直に文林の渡りを希望する仙娥の出現で、後宮の思惑は入り乱れ――。

著者紹介

雪村 花菜 (ユキムラ カナ)  
2014年、第二回富士見ラノベ文芸大賞にて、応募作『生生流転』が金賞受賞。改題及び改稿した『紅霞後宮物語』で作家デビューを果たす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)