• 本

現場で使える会計知識 アーサー・アンダーセン/日本コカ・コーラ/GEで学んだ

出版社名 明日香出版社
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-7569-2034-8
4-7569-2034-9
税込価格 1,944円
頁数・縦 237P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

不正を未然に防ぎ、攻め所を的確に見抜く“財務戦略”の実践本。

目次

第1章 「教養」から「武器」になる会計知識
第2章 現場で使えるキャッシュ・フロー会計
第3章 現場で使える連結会計
第4章 現場で使えるM&A会計
第5章 現場で使える税効果会計
第6章 現場で使える減損・資産除去会計
第7章 現場で使える新会計基準

おすすめコメント

経済新聞を読めば必ずでてくる「連結決算」「M&A」「税効果会計」「減損」「のれん」といった言葉たち。これらはマネジメントにも必須の知識ですが、経理・財務担当以外の人には、大企業でも苦手とする人が多い。こうした現場のマネジメントリーダー層に向けて、現場レベルで知っておくべき会計知識を解説する1冊。続出する不祥事も、もとをだだせば「会計知識」や「ファイナンス思考」の欠如にある。きちんと「守り」、的確に「攻めて」行くために必要な「武器としての会計知識」を伝授する。

著者紹介

川井 隆史 (カワイ タカシ)  
(株)ハンズオン・CFO・パートナーズ代表取締役社長。1964年大阪府生まれ。慶應義塾大学経済学部卒、テンプル大学経営大学院修了(MBA)。公認会計士、税理士。大学卒業後、国民金融公庫(現日本政策金融公庫)を経て、アーサー・アンダーセン(現あずさ監査法人)、日本コカ・コーラ、GEの外資系企業3社に勤務。財務・経営企画担当ディレクター、米国本社経営企画担当マネジャーなどを歴任した。その後日系ベンチャー企業(上場、非上場含む)でCFO(最高財務責任者)や米系大手コンサルティング会社で経営コンサルタントとして活躍後、独立開業。ベンチャー・外資系企業の事業計画、PMI(買収後統合計画)、会計・税務のコンサルティング業務、講演・セミナーなどを手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)