• 本

太陽は地球と人類にどう影響を与えているか

光文社新書 1011

出版社名 光文社
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-334-04417-6
4-334-04417-4
税込価格 1,078円
頁数・縦 253P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

変化しない退屈な星?いえ、違います。いま、社会で注目される「変化する太陽」「爆発」は何をもたらすのか?地球温暖化との関係は?「太陽物理学」入門。

目次

第1章 「変わる太陽」と「変わらぬ太陽」(「変わる太陽」の発見
黒点と太陽面爆発
爆発で太陽はものも放出する
X線と電波で見た太陽)
第2章 なぜ太陽面で爆発が起こっているのか(磁場は爆発のエネルギーをためる
磁場は爆発を起こす
黒点やフレアは他の星にもある)
第3章 脅威の太陽(太陽面爆発と電離層
磁気嵐のもたらす災害
高エネルギー粒子の脅威
現代社会に太陽はどれだけの災害を起こすのか
スーパーフレア)
第4章 「変わらぬ太陽」は本当に変わっていないか(「変わらぬ太陽」の変動
太陽風と銀河宇宙線
太陽活動と気候は関係あるのか)
第5章 太陽活動の地球の気候への影響はどう議論されているのか(太陽の明るさは変わっている
太陽活動の変動は磁場の変動
正しい太陽活動変動を理解する)

おすすめコメント

地球上のエネルギーのほとんどは、太陽からもたらされる。太陽が変動すれば、地球の環境に影響を及ぼす。2017年に起きた「フレア」の爆発のエネルギーは、水素爆弾の1億個分に匹敵する。こうした爆発が太陽で起これば、スマートフォンやGPSなどに被害を及ぼす可能性が高い。さらに、2017年の爆発よりはるかに大きい超巨大爆発「スーパーフレア」が起こる可能性も分かってきている。太陽とはどのような存在なのか。太陽の変動は、地球や人類にどのように影響するのか。「太陽物理学」の観点から探る。

著者紹介

花岡 庸一郎 (ハナオカ ヨウイチロウ)  
1961年長野県松本市生まれ。国立天文台准教授(太陽観測科学プロジェクト)。京都大学理学部卒・同大学院博士課程修了、理学博士。日本学術振興会特別研究員を経て国立天文台に移り、助手として野辺山太陽電波観測所に勤務。その後、助教授、配置換え等を経て、現在は国立天文台三鷹キャンパスで行っている太陽観測の統括を担っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)