• 本

アスペルガー医師とナチス 発達障害の一つの起源

出版社名 光文社
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-334-96231-9
4-334-96231-9
税込価格 2,090円
頁数・縦 360P 19cm

商品内容

要旨

自閉症スペクトラムの概念を拡大したアスペルガー医師の裏の顔を、史料の掘り起こしで白日の下に!待望の邦訳。

目次

第1章 精神科医になるまで
第2章 診療所の診断
第3章 ナチスの精神医学と社会的精神
第4章 データベース化される国民
第5章 運命を決める理論
第6章 アスペルガーと安楽死システムとのつながり
第7章 少女たちと少年たち
第8章 死と隣り合わせの日常生活
第9章 民族共同体のために
第10章 過去の清算

おすすめコメント

アスペルガー症候群を最初に定義して、発達障害を持つ小児を擁護したとされるハンス・アスペルガーが、ナチスドイツの人種差別主義を擁護しており、子供たちの虐殺にも深く加担していた旨を証明する衝撃の一冊。ハンス・アスペルガーは、アスペルガー症候群や自閉症の子供を「生産的」と見なして保護する一方、社会的スキルが少ないと彼が判断した子供を子供専用の収容所に送り込んでいたという。

著者紹介

シェファー,エディス (シェファー,エディス)   Sheffer,Edith
米カリフォルニア大学バークレー校(University of California,Berkeley)欧州研究所の上級研究員。専門はドイツおよび中央ヨーロッパの歴史。著書に『Burned Bridge:How East and West Germans Made the Iron Curtain』(未訳。Paul Birdsall Prize,Fraenkel Prize in Contemporary History,Keller‐Sierra Prizeを受賞)がある
山田 美明 (ヤマダ ヨシアキ)  
英語・フランス語翻訳家。東京外国語大学英米語学科中退(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)