• 本

いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本

出版社名 ディスカヴァー・トゥエンティワン
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-7993-2481-3
4-7993-2481-0
税込価格 1,512円
頁数・縦 262P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

自分をゆるせれば、生きることがラクになる。罪悪感がすーっと消える自分のゆるしかたとは?

目次

プロローグ―いつも自分をゆるせないのは、なぜ?
1 なぜ私たちは、罪悪感を抱くのか?(罪悪感とは「自分は罰せられるべきである」と思いこむ感情のこと
罪悪感の16の兆候と7つのタイプ
罪悪感が引き起こすさまざまな行動や問題)
2 今の罪悪感をすーっとなくす、自分のゆるしかた(すべての問題は、自分で起こしているのかもしれない
「自分軸」で生きてみる
「罪そのもの」を客観的にながめて、自分を責めない ほか)
3 罪悪感から解放された「ゆるし」の事例(夫の浮気問題を「理解」して、ゆるす
父の愛をようやく受けとり、がんばりが報われる
「自分はしあわせになってはいけない」という思いこみを手放す ほか)
エピローグ―あなたは「そのまま」しあわせになってもいい

おすすめコメント

自分をゆるせば、生きることがラクになる。□他人の期待に過剰に応えようとしてしまう□自分と仲良くしてくれる人に、どこか申し訳なく思う□過去に自分がしたことで後悔していることがある□仕事や恋愛を頑張っているのに、報われないこれらはすべて「罪悪感」が原因!  あなたが今、しあわせを感じられないのであれば、その裏には「罪悪感」が隠れていて、自分をゆるせないことが原因かもしれません。

著者紹介

根本 裕幸 (ネモト ヒロユキ)  
心理カウンセラー、講師、作家。1972年9月6日生まれ。静岡県浜松市出身。1997年より神戸メンタルサービス代表・平準司氏に師事。2000年、プロカウンセラーとしてデビュー。以来、述べ15000本以上のカウンセリングをこなす。2001年、カウンセリングサービス設立に寄与。以後、14年間企画・運営に従事し、2003年から年間100本以上の講座やセミナーをこなす。2015年3月退職し、独立。フリーのカウンセラー/講師/作家として活動を始める。得意ジャンルは、離婚、浮気、セックスレス等の夫婦問題を始め、結婚・恋愛などの男女関係から、職場の人間関係やライフワーク等のビジネス真理、家族の問題、病気や正確に関する問題などを幅広く扱う。分かりやすさと明晰かつユニークな視点からの分析力、さらには、具体的な問題解決のための提案力には定評がある。論理的な側面もある一方で、軽妙な語り口でカウンセリングルーム/セミナールームにはいつも笑いが絶えない(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)