• 本

トランスファー

出版社名 中央公論新社
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-12-005206-4
4-12-005206-0
税込価格 1,650円
頁数・縦 258P 20cm

商品内容

要旨

派遣社員として働く30歳の大倉玉青は、空虚な毎日を送っていた。そんなある日、彼女の身に「入れ替わり」が起こり―。女優、作家として幅広く活動する著者が“希望”をテーマに綴った「読売プレミアム」連載長篇、待望の書籍化。

おすすめコメント

30歳の大倉玉青は、人材派遣会社に登録し大手通信系企業の受付として働いている。大学時代は、演劇サークルに所属していた。愛読書の『走れメロス』をバッグに放り込み、苦行のような満員電車に乗り職場へ通うのは、ただ生活のためだけだ。その生活が空虚で、何のために生きているのかわからない。彼女は、5年前の自分の選択に端を発するある「秘密」を抱え、その秘密に関わる者の存在を「希望」と感じながら、日々を過ごしていた――。女優・執筆活動などで多彩な才能を見せる著者が、「入れ替わり」の起きた姉妹を主人公に現代的テーマに迫った、痛切な「命」の物語。

著者紹介

中江 有里 (ナカエ ユリ)  
1973年大阪府生まれ。女優・作家。法政大学卒。89年芸能界デビュー。数多くのテレビドラマ、映画に出演。2002年「納豆ウドン」で第23回「BKラジオドラマ脚本懸賞」で最高賞を受賞し、脚本家デビュー。NHK BS2「週刊ブックレビュー」で長年司会を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)