• 本

世界史のなかの蒙古襲来 モンゴルから見た高麗と日本

出版社名 扶桑社
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-594-08241-3
4-594-08241-6
税込価格 1,540円
頁数・縦 271P 19cm

商品内容

要旨

強国モンゴルに必死に取り入り、「元」の日本遠征に自ら名乗りをあげた当時の高麗と現代の朝鮮半島の姿は、いろいろな面でオーバーラップする…。対外的に反省しすぎると世界では“弱い”とみなされる―二度の「元寇」から日本は何を学んだのか。海を渡ってやって来たのは本当にモンゴル人だったのか!?

目次

第1章 日本人のモンゴル観
第2章 モンゴルとは
第3章 高麗とは
第4章 蒙古襲来前夜
第5章 大陸から見た元寇
終章 その後

おすすめコメント

憲政史研究家・倉山満さんとの激論番組「チャンネルくらら」で紹介!話題沸騰!! <蒙古襲来>──海を渡ってやって来たのは本当にモンゴル人だったのか!? 一度目の文永の役(1274年)、ニ度目の弘安の役(1281年)で、日本に「蒙古」から大船団で襲来したとされる人々……彼らを草原で遊牧をする民族Wという、現代のわれわれがイメージする「モンゴル人」と同一と考えるのは間違いである。史書『元朝秘史』には、当時の船員たちの名が記されている。そのほとんどは高麗人である。つまり元王朝=モンゴル人ではないのである。 「元寇を『蒙古襲来』なのだからモンゴル人が来たWと思い込んでいるのと、今の中国、ロシア、朝鮮の実像を正確に把握できないのとは根が同じような気がしています」(著者) では、元朝はなぜ高麗人をよこしたのか。「元寇」をフビライ、ひいては世界史的な目線で、元と高麗を舞台として読み解くと、強国モンゴルに取り入り、「元」の日本遠征に自ら名乗りをあげた当時の高麗と現代の朝鮮半島の姿は、いろいろな面でオーバーラップしてくる。一方、日本は二度の「元寇」から何を学んだのか。対外的に反省しすぎると世界では弱いWとみなされることを忘れていないだろうか。本書では、蒙古、高麗、日本、それぞれにとっての「蒙古襲来」の意義と日本人の誤解を、当時の大陸をとりまく真実の歴史から検証する。中央アジアの遊牧民を中心に、中国からロシアまで幅広く歴史研究をしてきた著者の真骨頂!<本書の構成>第一章 日本人のモンゴル観第二章 モンゴルとは第三章 高麗とは第四章 蒙古襲来前夜第五章 大陸から見た元寇終章  その後

著者紹介

宮脇 淳子 (ミヤワキ ジュンコ)  
1952年、和歌山県生まれ。京都大学文学部卒、大阪大学大学院博士課程修了。博士(学術)。専攻は東洋史。東京外国語大学・常磐大学・国士舘大学・東京大学などの非常勤講師を歴任。最近は、ケーブルテレビやインターネット動画で、モンゴル史、中国史、韓国史、日本近現代史等の講義をしている。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)