• 本

ドキュメント豪雨災害 西日本豪雨の被災地を訪ねて

出版社名 山と溪谷社
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-635-14027-0
4-635-14027-X
税込価格 1,760円
頁数・縦 231P 19cm

商品内容

要旨

2018(平成30)年7月に発生した「西日本豪雨」は、全国で200人以上の死者を出した。被害が広がった要因はいくつかあるが、そのひとつに「逃げ遅れ」がある。避難率を見ると、たとえば広島県では、避難勧告・指示が最大で236万人に出されたが、このうち避難所への避難が確認されたのは1万7000人余り(0.8%)に留まった。人はなぜ逃げ遅れるのか。そして、いざというときに迅速に避難するにはどうすればいいのか。気鋭のノンフィクションライターによる渾身のドキュメントで被災現場をリアルに再現するとともに、災害心理学や気象学の専門家へのインタビューも収録。大災害時代のサバイバルに必須の一冊。

目次

序章 生活の消えた町
第1章 西日本豪雨の被災地を訪ねて
第2章 人はなぜ逃げ遅れるのか
第3章 生き延びるためにすべきこと
第4章 ポスト災害―町と人の再生に向けて
終章 人とのつながりを土台に

著者紹介

谷山 宏典 (タニヤマ ヒロノリ)  
1979年愛知県生まれ。明治大学文学部史学地理学科卒業。大学在学中に体育会山岳部に所属し、卒業後の2001年には明大隊の一員としてガッシャーブルム1峰(8068m)と同2峰(8035m)に登頂。その後、編集プロダクション勤務を経て、09年フリーのライターに。雑誌やウェブサイトでの記事執筆、単行本のブックライティングなど、幅広く活動する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)