• 本

止まった刻(とき) 検証・大川小事故

出版社名 岩波書店
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-00-061348-4
4-00-061348-0
税込価格 1,870円
頁数・縦 199,9P 19cm

商品内容

要旨

東日本大震災の津波により、児童70人が死亡、4人が行方不明、教職員10人が犠牲となった石巻市大川小学校。我が子を失った親たちの時計の針は止まったままだ。そのとき、実際に何があったのか?安全なはずの学校で、なぜ?その責任はどこに?悲劇を悲劇で終わらせず、未来の命を救うには?いま、被災地内外の各地の学校でどのような取り組みがなされているのか?新聞協会賞を受賞するなど大きな反響を呼んだ、地元紙ならではの連載ドキュメントが書籍になった。

目次

プロローグ 葛藤―生存教諭の3・11
第1章 そのとき、何が(激震―14時46分から15時10分まで
迷い―15時10分から15時25分まで
緊迫―15時25分から津波襲来まで
漆黒
地獄)
第2章 真相は、どこに(追及―遺族たちの年月
教訓―控訴審判決は何を問うたか
波紋―学校の事前防災)
第3章 災害列島の学校で、いま(明暗―何が生死を分けるのか
模索―東南海の学校と教育委員会)
エピローグ 「未来をひらく」ために

おすすめコメント

東日本大震災の津波により、児童70人が死亡、4人が行方不明、教職員10人が犠牲となった石巻市大川小学校事故。我が子を失った親たちの時計の針は止まったままだ。その時、実際に何が、どのように? 安全なはずの学校で、なぜ? 悲劇を悲劇で終わらせず、未来の命を救うには? 新聞協会賞受賞の連載が書籍になった。