• 本

アニメーション、折りにふれて

岩波現代文庫 文芸 309

出版社名 岩波書店
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-00-602309-6
4-00-602309-X
税込価格 990円
頁数・縦 429P 15cm

商品内容

要旨

多くの人に惜しまれつつ二〇一八年にこの世を去ったアニメーション監督・高畑勲。『太陽の王子ホルスの大冒険』から『かぐや姫の物語』にいたるまでの自らの仕事や、影響を受けた人々や作品、苦楽をともにした仲間たちについて縦横に語り、綴ったエッセイをまとめる。アニメーション界に偉大な足跡を残した高畑監督の人間像に幅広く迫る生前最後のエッセイ集、待望の文庫化。

目次

1 日本の文化とその風景
2 日本語を話すとき
3 子どもという存在
4 一緒にやってきた仲間たち
5 漫画映画のつくりかた
6 尊敬する、刺激しあう
7 こんな映画をつくってきた
8 伝えたい、このこと
9 監督、ある日の姿、ある日の考え

おすすめコメント

多くの人に惜しまれつつ2018年にこの世を去った高畑勲監督。『太陽の王子 ホルスの大冒険』から『かぐや姫の物語』にいたるまでの自らの仕事や、影響を受けた人々や作品、苦楽をともにした仲間たちについて縦横に語り、綴ったエッセイ。

著者紹介

高畑 勲 (タカハタ イサオ)  
1935‐2018年。アニメーション映画監督。東京大学仏文科卒。1968年『太陽の王子ホルスの大冒険』を初監督。1985年宮崎駿らとスタジオジブリ設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)